公立鳥取環境大学 磯野誠研究室

テーマ:マーケティング、新製品開発、デザイン

makotoisono lab, Tottori University of Environmental Studies

Resarch Theme: Markerting, Product Development, Design

 

当面の予定 Plan for the next several months

(研究報告、セミナー講師など)

ー教員免許状更新講習「創造性を引き出す」(8月3日、本学)

(研究・調査)

ー「ビジョニングによるアイデア開発」実験調査  実験実施・結果考察

ー「伝統工芸品産業の存続」調査実施・考察

(ゼミ)

ー大学院:各自の修論研究

ー4年生:各自の卒論研究

ー3年生:(1智頭の森ブランディング

(2)砂の美術館マーケティング分析

 

研究 Research

F1. 市場機会特定・新製品アイデア開発のための創造性の問題

Problem of Creativity for Market Opportunity Identification

―新製品アイデア開発におけるイマジネーション活用

―新製品アイデア開発におけるアナロジーと視覚化活用の効果

 

F2. サービス財消費における顧客審美体験の問題

Problem of Customer Flow Experience/Aesthetic Experience in Service Marketing

―サービス財消費における顧客フロー体験と感動・満足との関係

 

F3. 地域創生のための顧客価値創造の問題 

Problem of Customer Value Creation for Region Development

ーまちなかの消費リーダーとは 

ー中小企業による新製品開発の成功要因ーFEフェーズ管理の効果ー

 

教育 Education

大学院ゼミ

Seminar for Graduates

4年生ゼミ

Seminar for Senior  

3年生ゼミ

Seminar for Junior

プロジェクト研究1〜4(1−2年生)

Project Reseach 1 - 4

 

ブランド論(地域マーケティング〜2017年度) 

Regional Marketing

商品開発論

Product Development

マーケティングII

Marketing II

マーケティングI(〜2016年度)

Marketing I

消費者行動 II(神戸学院大学)(〜2016年度)

Consumer Behavior II

消費者行動 I(神戸学院大学)(〜2016年度)

Consumer Behavior I

Contact Us

お勧め本 

<マーケティング系、学術書、入門> 

Kotler, Philip & Keller, Kevin Lane (2015) Marketing Management,  Pearson Education International. 

池尾恭一、青木幸弘、南智恵子、井上哲浩(2010)マーケティング、有斐閣。 

高嶋克義、桑原秀史(2008)現代マーケティング論、有斐閣。 

嶋口充輝、石井淳蔵(1995)現代マーケティング、有斐閣。 

 

<マーケティング系、実務書> 

安原智樹(2009)マーケティングの基本、日本実業出版社。 

須藤実和(2005)マーケティング実践講座、ダイヤモンド社。 

 

<ブランディング系、学術書、入門> 

Keller, Kevin Lane (2019) Strategic Brand Management, Pearson Education International. 

Aaker, David A. (1991) Managing Brand Equity, The Free Press.

小川孔輔(1994)ブランド戦略の実際、日経文庫。

 

<新製品開発系(マーケティング系)、学術書>

Crawford, Merle & Di Benedetto, Anthony (2014) New Products Management, Irwin Professional.

Ulrich, Karl T. & Eppinger, Steven D. (2003) Product Design and Development, Irwin Professional.

(上述)池尾恭一、青木幸弘、南智恵子、井上哲浩(2010)マーケティング、有斐閣。

(上述)高嶋克義、桑原秀史(2008)現代マーケティング論、有斐閣。

一橋大学イノベーションセンター(編)(2001)イノベーション・マネジメント入門、日本経済新聞社。

 

<新製品開発系(マーケティング系)、実務書>

浅田和実(2006)商品開発マーケティング、日本能率協会マネジメントセンター

 

<新製品開発系(エンジニアリング系)、学術書>

延岡健太郎(2002)製品開発の知識、日経文庫。

(上述)一橋大学イノベーションセンター(編)(2001)イノベーション・マネジメント入門、日本経済新聞社。

 

<消費者行動系、学術書> 

Solomon, Michael R. (2017) Consumer Behavior: Buying, Having and Being, Global Edition, Pearson Education Limited. 

杉本徹雄(編)(2012)新・消費者理解のための心理学、福村出版。

平久保仲人(2005)消費者行動論、ダイヤモンド社。 

青木幸弘(2010)消費者行動の知識、日経文庫。

 

<プロモーション系、学術書>

田中洋・清水聰(編)(2006)消費者・コミュニケーション戦略、有斐閣。

岸志津江・田中洋・嶋村和恵(2000)現代広告論、有斐閣。

Blog

02/05/2018 14:43
4月25日(水)2限、商品開発論の特別授業として、加納デザイン事務所(大阪)アカウントの矢部様より、化粧品や日用品、食品等のパッケージデザインやブランドデザインの開発現場の実際について、お話頂きました
19/03/2018 14:41
4年生が卒論を提出しました。4年生ゼミ(プロ研7) このうち、鳥取市中心市街地商店街に関わる研究のものは、報告書「鳥取市中心市街地商店街に関する基礎調査ー個店と顧客とまちなかとー」としてまとめました。
26/02/2018 18:38
当ゼミはゼミ調査プロジェクトとして、これまでに伝統工芸品産業のマーケティング分析を行ってきています。この2017年度は鳥取県の伝統工芸品産業の1つである倉吉絣に注目し、それと九州の久留米絣産業、岡山児
20/02/2018 17:59
先週の2月16日(金)、JVCケンウッド・デザインの方々と当ゼミ3年生代表(谷脇さん・筒井くん)が、現在進めている「智頭の森ブランディング」プロジェクトについて年度末ミーティングを持ちました。本プロジ
11/01/2018 19:01
今日1月11日のお昼時間に、磯野ゼミ3年生と有志の学生が、本学食堂前にて、「新春「智頭式」餅つき大会」を行いました。この餅つきは私たち身近にあるすばらしい森の観光地としての智頭町のアピールの一環として
28/11/2017 18:34
12月22日(金)15:00より、本学まちなかキャンパスにて、経営学研究会第2回を開催します。  ご関心ある方はぜひご参加下さい。  
05/11/2017 21:03
10月30日から11月1日の3日間に開催された全国市町村研修財団主催平成29年度「自治体職員のためのマーケティングの基本」にて、10月31日と11月1日の「マーケティング戦略の基本〜マーケティング戦略
29/10/2017 21:17
明日より開催される全国市町村研修財団主催平成29年度「自治体職員のためのマーケティングの基本」にて、10月31日と11月1日の「マーケティング戦略の基本〜マーケティング戦略の立案」パートの講師を務めさ
25/10/2017 06:03
2017年10月22日の日本マーケティング学会カンファレンス2017(早稲田大学)において、「新製品アイデア開発における文脈想像の性質と働き」のタイトルにて、研究報告をさせて頂きました。本研究はそのフ
<< 3 | 4 | 5 | 6 | 7 >>

Contact

磯野 誠 Makoto Isono 公立鳥取環境大学 経営学部
鳥取県鳥取市若葉台北1-1-1
〒689-1111

Faculty of Business Administration
Tottori University of Environmental Studies
1-1, Wakabadai-kita 1-chome, Tottori, Japan,
689-1111